フォーカスリーディング習得ブック -10分で本を読める?- 

商品紹介

私も最初は信じられませんでした。

「どうせ飛ばして読むんだろうな」

「フィーリングで大事なところだけを読めるわけないだろ。」

きっとみなさんも同じことを考えてたと思います。

ですが、この方法を知って、あまり本を読まない私でさえ

毎日、気軽に本が読めるようになりました。

その最大の秘密は、日本の大学教育にも採用された

『先行オーガナイザー』という速読法にありました。

スポンサーリンク

先行オーガナイザー ―内容を予測して速度と理解を両立させる―

まずはこのテストをしてみてください…
次の四文字を並び替えて、
正しい言葉を作ってください。

① わりまひ
② いいめれ
③ んほしつ
④ どんすた
⑤ こきひう

答えはこちら

①ひまわり

②めいれい

③ほんしつ

④すたんど

⑤ひこうき

 

次にいきます。並び替えて『食べ物』の
名前にしてください。

①おれつむ
②りきとや
③かおぴた
④あかげら
⑤てからす

答えはこちら

①おむれつ

②やきとり

③たぴおか

④からあげ

⑤かすてら

どっちの方が速く答えを出せたでしょうか?

後のテストの方が、
簡単だったのではないでしょうか?

二つのテストで違ったこと -予め情報が与えてあった-

最初のテストでは、何の法則もない
4文字が並んでいたのに対して、


②では、「食べ物の名前」と先にヒントが与えてありました。

ここがポイントです。


つまり、人間の脳は、
最初にある程度「枠組み」を作ってあげて、ヒントを与えておくと

経験や知識と結びつける速度が上がる、つまり

情報を素早く、正確に処理できるようになる

ということです。


逆に言うと、
情報の処理が遅い時は、
この「枠組み」が頭に無いということです。

この本では、この枠組みのことを「先行オーガナイザー」と呼んでいます。

読書が早い人のひみつ -あるところから内容を予測してる-

読書スピードが速い人は、あらかじめ本の内容を予測しています。


では、どこから予測するか。

本で言うところの、章のタイトルや小見出しが予測に役立ちます。


一方で、読むスピードが遅い人は、
見出しやタイトルを、本文と同じように
読み流してしまいます。


これでは、脳の中で、内容を予測して記憶や経験とリンクさせることが出来ません。


本文を読みながら、脳では「初めての経験」として処理しながら読んでいるので、


当然、読むスピードが遅くなってしまいます。


見出しが出てきたら、一度立ち止まって、


目次から次の内容を「予測」してみましょう。


たったそれだけで、後に続く文章をサラッと
流し読みしたとしても、


しっかりと理解・記憶出来るようになるでしょう。
ぜひ試してみてください。

読みたくなったら・・・? -セールしているときがチャンス!-

ここから買えます。安売りセールも時々あっているので、興味本位で覗いてみるといいかもしれないです。

本の速読法が身につけば、それだけで有限な時間を有効活用できるようになります。

ライバルより優位に立てるようになるかもしれませんね。

余った時間で別の本を読むもよし、自己投資するもよしです。

紹介している日記はこちら

この商品を紹介している日記はこちらになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました