おかげさまで生きる

アマゾン

私がこの本を手に取ったのは、

帯に「死を心配する必要はない。」と大きく書いてあったのが目に留まったからです。

癌になって、死への恐怖が目前に迫っていた私にとって、安心を得られるのではないか

思い、手に取りました。

スポンサーリンク

著者の  矢作 直樹氏 について

矢作氏は東京大学医学部救急医学分野教授で、

「人はなぜ生きるのか」

という命題に対して、救急医療の第一線で様々な生死と直面した末ににたどり着かれた

一種の悟りが書かれています。

一番こころに残った部分

「人生は生きた年数で判断されるべきものではなく、

死から逃げないこと、目をそらさないことが大切」

ということばが印象に残りました。

人生を全うするということは、自分を知るということ。生きている間に自問自答して、

いろいろな経験をしたあとに、あの世へ帰るのがルールだと先生はおっしゃっています。

この本を読むことで、人は生きざまが大切なのだなと感じ、

一日一日を大事にすることが自分の人生を生きたことになると思いました。

本の紹介

著名は「おかげさまで生きる」、著者は矢作直樹氏、出版社は幻冬舎です。

紹介している日記はこちら

この商品を紹介している日記はこちらになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました