非常食の備えのススメ ー普段から備えておくことの大事さー

②日常生活

2016年4月14日と16日。私にとっては忘れられない出来事が起きました。

熊本地震です。

つばさ
つばさ

食料を確保するのがとても大変でした。

どのコンビニでも入場制限、売り切れだらけ。

地域中の店を駆け巡って食料確保に動いたことは、まだ覚えています。

まさかここには来ないだろう、そういう油断がありました。

 

具体的に必要な非常食の量って? ー3日分ー

熊本地震の時も、3日経ってから配給等が始まりました。

ずばり、3日×家族の人数

これが必要な量です。

気を付けるべきこと ー賞味期限のほかにも・・・ー

①賞味期限

熊本地震から今年(2020年)で4年。

地震の後に買った非常食を見てみると5月で切れるもの、来年に切れるものが出始めました。

賞味期限のチェックは必須だと言えます。

②水を極力使わない、火を使わないで調理できる

地震の後に、一週間ほどガスが使えなくなりました。

ガスを使わないといけない料理は不可です。

次に、洗浄する水が無い。

サランラップと皿を組み合わせて洗わないで済むようにする、割り箸を使うなど工夫して乗り越えました。

ご飯を食べたいなら、水さえあれば調理できるアルファ米が入っているものがいいと思います。

つまり、

①水だけで戻せるもの

②加熱が不要なもの

が入ってる商品を選ぶべき、ということです。

おすすめの商品

以上を踏まえて、おすすめの商品を紹介していきます。

まずは楽天の「非常食9日分たっぷり62点セット」。

この商品がおすすめなのは、食品加熱袋が付いていること。

いくら食べれるとはいえ、冷たいものばかりを取っていると消化が良くないし、精神的にくるものがあります。

温かい料理は、不安な気持ちを抑えてくれます。

つぎにおすすめなのが、サイボウの「非常食7日間基本セット」

なんと、五年後に賞味期限をはがきでお知らせしてくれるサービスをされています。

メールだと見ない、忘れる可能性がありますが、ハガキだと忘れませんね。

種類も豊富で飽きが来ない親切な商品だと思います。

ただし、こちらは水が入っていないのが難点。

水だけは余分に用意していたほうが良い ーウォーターサーバーのすすめー

余力がある方は、飲料水だけは余分に用意しておかれたほうが良いかもしれません。

つばさがおすすめしたいのが、ウォーターサーバーを備えにすることです。

理由は3つです。

①ガスを使わずにお湯が作れる(震災体験から書きますが、比較的早く電気は復旧します)

②新鮮な水が用意できる

③煮沸しなくてよい

つばさ
つばさ

①ですが、くれぐれも通電火災にだけは気をつけてください。

熊本に住んでるかたにはなじみがないとは思いますが、地方によってはカルキ抜きのために煮沸しないと水が飲みにくい場合があるそうです。

ウォーターサーバーの高品質な水なら、その心配はなさそうですね。

↓わたしがおすすめするウォーターサーバーはこちら↓

紹介している日記はこちら

この商品を紹介している日記はこちらになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました