絹の靴下 -いくら足湯をしてもコレ無しでは無駄になる―

商品紹介

いくら足湯をしても、再び冷えたら折角の足湯が水の泡。

とてももったいないことなので、靴下の重ね履きをおすすめします。

ポイントは、絹の靴下を五本指と普通の二種類を用意することです。

スポンサーリンク

なぜ絹なのか ―薄いだけではない魅力を紹介―

靴下の重ね履きをするには、薄いことが条件です。

ですが、もう一つ条件があります。

それは、保温機能が高いこと。

これから紹介する靴下は、その二つの条件を満たしています。

おすすめの靴下は、こちらになります。

抗がん剤治療が終わるまで、足湯の後のお供でした。

最初はゴワゴワしていましたが、慣れたら温かさが心地良くなりました。

おかげで、指先が冷たくならなくて済みました。

メール便なので送料無料なのもうれしいところ。

その時の闘病記

その時の闘病記はこちらになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました