【簿記スキル必須】妥当に着地した「副業300万円」問題

2022年の8月1日に、国税庁が以下のような通達を出しました。内容かいつまむと、

副業の売上が300万以下なら事業所得ではなくて雑所得とするよ

という通達でした。

前に書いた記事

この記事では、商業簿記2級、FP3級のヒカルが、副業300万円の雑所得の問題って何?どんな影響があるの?という疑問について解説していきたいと思います。【追記】妥当な着地点になったようですあまりに反対意見が殺到したので、通達の内容が大[…]

しかし、あまりにも反感を買いすぎたのかパブリックコメントに反対意見が殺到し、300万円以下でもメインの収入の1割を超えている」「帳簿書類の保存」さえ満たしておけば兼ね事業所得扱いになるように改善されました。

つまり、これから個人事業を起こすには簿記のスキルが必須になります。

スポンサーリンク

どうなったの?【足切りと帳簿保存と例年赤字の禁止が追加】

副業が300万円以下であっても、帳簿さえ保存していれば、兼ね事業所得になるという妥当な着地点になりましたが、

「その所得の収入金額が僅少と認められる場合」という注意書きで具体的な金額が足切りラインとして定められました。

引用します。(引用元:PDF注意!

例えば、その所得の収入金額が、例年、300 万円以下で主たる収入に対する割合が 10%未満の場合は、「僅少と認められる場合」に該当すると考えられます。

メインの収入の1割に満たなければ、副業とは言えないとはっきり定義されたと言えます。

その他にも、「その所得を得る活動に営利性が認められない場合」という基準が定められたので注意が必要になります。

その所得が例年(三年程度)赤字でかつ、赤字を解消するための取組を実施していない場合は、「営利性が認められない場合」に該当すると考えられます

また、副業の年収が300万を超えない場合は帳簿付けが必須になりました。

その所得に係る取引を記録した帳簿書類の保存がない場合(その所得に係る収入金額が 300 万円を超え、かつ、事業所得と認められる事実がある場合を除く。)には、業務に係る雑所得(資産(山林を除く。)の譲渡から生ずる所得については、譲渡所得又はその他雑所得)に該当する
つばさ
副業で300万超えとかそれ本業ですよね
ヒカル
つまり殆どの人は帳簿付けが必須になります

その他の条件は変わりなし

  • 社会通念上事業と称するに至る程度であること
    →事業的規模でない場合業務に係る雑所得になります。
  • それらが継続して発生、反復して売上が上がっていること

といった基本的な条件は変わりありません。

何を目的とした通達だったのか

かいつまめば、架空の事業で費用だけを出して他の収入を減らす、不正な損益通算の防止です。

事業所得以外に損益通算できる山林所得や不動産所得、譲渡所得に影響がないのは大人の事情だと思われます。

対策は?

以下に対策を述べます。

①主たる収入の1割を超える年収を得る

「その所得の収入金額が僅少と認められる場合」の1割ラインを超えないと事業所得になりません。

年収300万のかたは年30万、年収200万のかたは年20万を超えるのが目標になります。

②3期連続で赤字を出さない

「その所得を得る活動に営利性が認められない場合」に該当するのを避けるためです。

③自分で帳簿付けする…日商簿記が必須に!

「所得に係る収入金額が300万円を超え、かつ、事業所得と認められる事実がある場合」を除いて帳簿付けが必須になります。

副業で300万超えは困難なラインである以上、殆どの副業従事者は帳簿付けのスキルが必要。

日商簿記を勉強するには?

日商簿記に関する記事を書きましたので、ぜひご覧ください。

関連記事

商業系の学校を出て、クレジットカード会社に勤務していたわたしがおすすめする資格は、商業簿記3級です。3級・2級習得のメリットを書いていきます。CBT試験の導入でいつでも受けられるように!以前は2,6,11月の統一試験しかありません[…]

関連記事

息子がネットスクール(スタディング)で簿記の勉強を始めた最初に要点だけをまとめます。スタディングの良かった点・合格に繋がったこといつでもどこでもスキマ時間に論点をインプットできる。実践力アップテストが理解に役立つ。講師との[…]

微妙な場合やどうしても簿記がダメな場合どうしたらいいの?

微妙な場合は先生に相談されることを強くお勧めします。

確定申告の時期に税務署に相談に行っても、その時の税理士がアフィリエイトやウーバーイーツといった最新のビジネスの会計の知識を十分に持っているとは限りません。

税理士の先生を紹介しているサービスを経由することで、ミスマッチを防ぐことができるかも。

参考までに、「日本税理士紹介ネットワーク」を載せておきます。

日本税理士紹介ネットワーク
4.0



・独立や新規開業、新規法人設立等の直前直後
・個人事業の売上が大きくなり、税務・会計の処理が多くなってきた
・フリーランスで活動してて、青色申告を適用して確定申告を行いたい
・Webサイトや動画配信で広告収入を得ている
・通販事業をしている
そういった方向けの税理士紹介サービスを提供するサイトです。
サービスの利用は無料で。成約しても紹介ネットワークへの支払いは発生しません。
発生する支払いは税理士と契約した後に、先生に報酬を支払うだけ。
過疎地域や離島などに関しても、オンライン会議、電話、メール、
郵送等で応対可能な先生とタッグを組んでおり、どこでも対応できるのが強み。

もし税金関係に不安があれば相談してみることをオススメします。

最新情報をチェックしよう!