クレジット会社勤務のときの話 ―延滞・利息の怖さ―

①お金に関する記事・知識

わたしは寿退社するまで、5年以上クレジット会社に勤めていました。

管理課に所属していたとき、借金をしたかたが延滞するケースを頻繁に見てきました。

再分割という手段で最終的に支払う解決方法にたどり着くのですが、

利息は相当なものになります。中には、利息の返済だけで元本が一切返せてないようなケースもありました。

返済計画もなくお金を借りることの恐ろしさを知りました。

スポンサーリンク

最近流行りのリボ払いについて -絶対に、しない方がいい-

最近流行りのリボ払い。毎月一定金額しか返済せずにすむので良さそうに思えますよね?

しかし、とんでもない罠が待っています。

年率15%。

普通にキャッシュを借りたときの2倍近い年利がかかることになります。

(私の元勤務先の利率が分かっちゃいますね。)

長く借りれば借りるほど手数料が増えていく -利息=手数料-

返済が滞ったときに再分割という手段を取ると書きました。

元本自体は一切変わらないので、単純に支払回数と利息が増えることになります。

支払い回数が増える=借りている期間が延びることなので、

必然として利息も増えます。

年利8%で1年なら8%。2年なら16.4%の利息がかかります。

この利息がクレジット会社の利益になります。

再分割しなければいけないほど返済に困ると、

クレジット会社の良い「お客様」になります。

手数料に敏感な人は、お金持ちになれる ー税金も手数料ー

消費税、住民税、ATM使用料、振込手数料。

私たちの生活は手数料に囲まれています。

手数料を極力支払わない(違法はダメですよ!)ことが、お金に困らない生活に繋がっていきます。

「つばさとお金の話」では、節約や家計管理ノウハウなどを紹介していきます!

お金の話 ーぶっちゃけると嫌いな人が多いー

金銭の話は、嫌いな方が多いです。

なので、がん闘病記や役に立ったアイテムとは別のカテゴリーに分けました。

そうすれば、棲み分けができるからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました