【自動化シリーズ】おすすめのオネットバンクを3つ紹介 【ネットバンクに迷われている人向け】

 

ネットバンクの多くでは、登録時のアドレスはフリーアドレス不可です。

(特にワンタイムパスワード系統のフリーアドレスはほぼNG、楽天銀行では緩和

キャリアメール・キャリアメールに準ずるメールアドレスをご用意ください。

無い場合は、マイクロソフトを利用した迂回法を紹介していますので、そちらを参考にされてください。

NG例:@gmail.com @yahoo.co.jp

OK例:@softbank.ne.jp @docomo.ne.jp

【家計簿が続かない人向け】家計簿を作ってくれるマネーフォワード Meで、家計簿の作成を自動化するために、オンライン対応の口座、いわゆるネットバンクを開く必要があると書きました。

 

関連記事

もし、家計簿の作成を自動化しただけで多くのユーザーが月24,450円もの金額を節約する手がかりをつかめてるとしたら。 自動化していないだけで、損を出してしまっているとしたら、もしそれが積み重なっていったら・・・ […]

 

この記事では、おすすめのネットバンクを3つ紹介していきます。

スポンサーリンク

ネットバンクを持つ利点・欠点

 
女の人
別に普通の銀行口座でいいんじゃないの?ネットバンクはセキュリティが怖いし・・・

そう思う方も多いので、まずはネットバンクを開く利点について説明します。

 

  • 銀行残高や取引履歴をスマホやiPhoneから見れる、確認のために銀行に行かなくて良い
  • 振込もスマホやiPhoneで完結、振込のために銀行に行かなくて良い
  • ある条件下では預り金の利息がとても高くなる
  • おすすめの家計簿ソフトとの提携が可能になる(家計簿作成の自動化

 

特に、いちいち銀行に行かなくても済むのは大きなメリットだと言えます。

残高確認や、振込しか支払いの方法がない決済のために、時間を割いて銀行に行かないといけないのはデメリットでしかないからです。

 

ネットバンキングの欠点

キャリアアドレスが使えないとワンタイムパスワードの利用ができない

ATM利用料と振込手数料が基本的に有料

 

ネットバンキングはセキュリティが甘い、というのは誤解で、かなり丈夫になっています。

  • ワンタイムパスワードがないとログイン不可(最近はワンタイムパスワードの設定がほぼ義務化)
  • ➡さらに、指定した端末以外のログイン不可なども設定可
  • ➡フリーアドレスではワンタイムパスワードの登録不可(対策アリ)
  • 振込時には、ログインパスワードとは別の取引用パスワードが必須(誕生日などは不可)

 

といった強固なセキュリティが普通になっています。

 
つばさ
実印とカードが盗まれてしまったら振込・引き落としができてしまう従来の口座の方が危険かも。
二重認証のワンタイムパスワードって何が便利なの?
ログインや振込といった重要な操作の度に、自分のメールアドレスに一度しか使えないパスワードが送られます。悪意ある人間がパスワードとIDを知ってログインしたり振込しようとしても、メールアドレスを知らない限り破ることができません。
 

一番のセキュリティは二重認証(ワンタイムパスワード)ですが、このワンタイムパスワードはキャリアアドレスに送ることが基本的にできません。

そのため、キャリアアドレスが基本的に使えない格安SIMと相性が悪くなってしまうのですが、別の記事で解決法を紹介しています。

関連記事

先日、ソフトバンクから楽天モバイルに移行したのですが、意外なトラブルに遭遇しました。それは、、、「Rakuten UN-LIMITにはメールアドレスが付与されない」という後から分かったことでした。「キャリアメールアドレスドメインが使えな[…]

 

 
つばさ
ただし、携帯の紛失にだけは注意してください。必ず画面ロックや生体認証を入れて、落としても誰かが使えないように。

次に、ATM利用料と振込手数料が基本的に有料であること。

特にATM利用料が有料なのは従来の口座と比べるとマイナス・・・。

なので、この記事では基本的に一定条件を満たせばATM利用料や振込手数料が無料になる口座をおすすめしています。

 

おすすめNo.1 楽天銀行

楽天経済圏でおなじみのネットバンクです。おすすめの家計簿作成アプリのマネーフォワードとも連携可能。

一定条件を満たせばATM利用料や振込手数料が無料になります(楽天銀行ハッピープログラム)。

 

楽天銀行

ハッピープログラムは楽天銀行のお客さま優遇プログラムです。エントリーするだけで、お支払いや振込などのお取引ごとに楽天ポイ…

 

次に、「マネーブリッジ」という金利が0.1%に上昇するサービスがあります

楽天証券の口座を開いて、設定をすると、通常0.01%の金利が、10倍の0.1%に上昇します。

 

なので、資産運用に興味がなくても楽天証券とペアで開設することをおすすめします。

 

楽天銀行の開設はこちら

楽天銀行

楽天銀行での口座開設は、申込書の記載や印鑑の捺印不要!PCやスマホから簡単にお申込いただけます。銀行口座開設が手軽なだけ…

楽天証券の開設はこちら

楽天証券を使わなくてもマネーブリッジを設定するだけで金利が増えます。

 

非常にお得なので一緒に開設したほうが良いと思います。

楽天証券

投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場の…

ついでに楽天カードの発行もしておきましょう

楽天カードも発行できれば、楽天経済圏への移行が楽にできますね。

楽天経済圏への入り口・メインカード向けの【楽天カード】
5

もちろん年会費は永年無料。
楽天カード新規入会と利用で5000ポイントプレゼント。
楽天経済圏を使いこなすのにも、当サイトで紹介している
マネーフォワードを使った家計簿の自動化にも非常に使えるカード。
メインカードにしておきたい逸品です。

利点

①楽天経済圏で使うとポイントに特典 ②カード支払いでもポイント ③キャンペーンが豊富

欠点

①ポイント周りで改悪が続いてる ②リボ払いを勧めてくる(必ず断って!)

ポイントの稼ぎやすさ 4.5
〇〇経済圏との相乗効果 5.0
他のサービスとの兼ね合い 5.0
総合 5.0

おすすめNo.2 住信SBIネット銀行

次におすすめなのが住信SBIネット銀行。こちらも、おすすめの家計簿作成アプリのマネーフォワードとも連携可能。

こちらも「スマートプログラム」という一定条件を満たせばATM利用料や振込手数料が無料になるサービスがあります。

(楽天銀行と比べて条件がややこしいので公式サイトを参照)

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のスマートプログラムは、商品・サービスのご利用に応じて、ポイントが貯まり、さまざまな優遇が受けられる…

ここがおすすめなのは、おすすめのASPで紹介した、もしもアフィリエイトの最低振込額が1円からOKだからです。

また、

外国株の取引手数料が安く、SBI証券と併用すれば為替手数料が安く済むから人気があります

住信SBIネット銀行はこちら

住信SBIネット銀行へようこそ。定期預金、外貨預金、住宅ローン、カードローンなどのサービスやキャンペーンが充実した、初心…

SBI証券の開設はこちら

SBI証券は、Tポイントを使った投資も可能です。

SBIネット銀行の開設と一緒に証券口座を開いておくと、後で持ちたくなったときに再度申請する手間が省けます。

ネット銀行と同時に開いておくべきSBI証券の開設はこちらから。

おすすめNo.3 paypay(旧ジャパンネット)銀行

次におすすめなのが、paypay(旧ジャパンネット)銀行。こちらもおすすめの家計簿作成アプリのマネーフォワードとも連携可能。

こちらは、ATM利用料が30000円以上であれば手数料は0円。

PayPay銀行のATM利用手数料は毎月「最初の入金」「最初の出金」の各1回が無料となります。3万円以上のご利用であれば…

ただし、振り込み手数料は有料になります。

 
つばさ
楽天銀行ハッピープログラムや、スマートプログラムのような仕組みがないのは欠点。

ソフトバンクと提携を結んでいるので、ソフトバンクカードの支払い口座としてもおすすめ。

楽天銀行と楽天カードほどの強力な結びつきはないですが、

セカンドの口座としておすすめ。

paypay(旧ジャパンネット)銀行はこちら

ASPでセルフアフィリエイトしようとしてもありません(2020年2月時点)。

なので、モッピーを通じて開設しましょう。

モッピーについてはこちら

もしフリーアドレス不可の場合はどうするか ー解決法を紹介します!ー

楽天銀行ではワンタイムパスワード発行時のアドレス制限が緩くなり、フリーアドレスでも可になりました。

ですが、多くのネットバンクではフリーアドレス不可の縛りがあります。

下の記事では、この縛りを解決する方法を紹介しています。

関連記事

先日、ソフトバンクから楽天モバイルに移行したのですが、意外なトラブルに遭遇しました。それは、、、「Rakuten UN-LIMITにはメールアドレスが付与されない」という後から分かったことでした。「キャリアメールアドレスドメインが使えな[…]

最新情報をチェックしよう!