【楽天経済圏向け】楽天銀行とゆうちょ銀行を、お得につなぎ合わせる方法

同じ銀行同志の振り込みは安い場合が多いですが、違う銀行への振り込み額は

はっきり言って、高いです。

今回のテクニックは、楽天銀行を貯金メインに使っていて、ゆうちょ口座を受け取りメインに使っている方向けの記事になります。

もし、たった一つの手続きで振込みを、

  • 無料で出来て
  • ATMにも並ばなくて良い
  • 設定さえ終わればスマホ1つで手続き終了

にすることが出来れば、金銭的にも時間的に大きな得をすることができますね。

その方法について説明します。

  • ゆうちょ銀行と楽天銀行の名義人が一致している
  • ゆうちょ銀行のお届け印がある
  • 楽天銀行の開設が終わっている
  • →まだのかたはこちらから開設

参考までに、ネットバンクのおすすめを書いた記事を貼っておきます。

関連記事

 ネットバンクの多くでは、登録時のアドレスはフリーアドレス不可です。(特にワンタイムパスワード系統のフリーアドレスはほぼNG、楽天銀行では緩和)キャリアメール・キャリアメールに準ずるメールアドレスをご用意ください。無い場合[…]

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行楽天銀行の連携を行う

ゆうちょ銀行と楽天銀行の連携を行えば、

楽天銀行にゆうちょ銀行から送金する場合にのみ、振込手数料を無料にできます。

ゆうちょ銀行に楽天銀行から振り込む場合は168円の手数料がかかってしまいます。

提携申請のやりかた

まず、楽天銀行のアプリを起動します。右上のメニューをタップ。

次に「サービス一覧」をタップ。

下の方にスライドしていくと。「ゆうちょ銀行入出金」があります。

タップすると、注意事項と

ゆうちょ銀行の口座情報の登録画面が出てきます。

登録が終わると自動払込利用申込書が送られてくるので、

ゆうちょ銀行のお届け印を送り返して送付。

一か月後を目途に利用できるようになります。

提携終了後にできること -楽天銀行から振り込み依頼-

提携が終了したら、楽天銀行から振込依頼ができます。

「提携申請のやりかた」の「ゆうちょ銀行からの入金」をタップすると、金額を指定して振り込みできるようになります。

リアルの店舗に行くことが非常に少なくなって、ガソリン代と時間の節約になります。

実は家計簿の自動作成に使えます

  • ネットバンク
  • クレジットカード

この2つがあれば、あの面倒くさい家計簿の作成をほぼ自動化することができます。

詳しくは、こちらからご覧ください。

関連記事

もし、家計簿の作成を自動化しただけで多くのユーザーが月24,450円もの金額を節約する手がかりをつかめてるとしたら。 自動化していないだけで、損を出してしまっているとしたら、もしそれが積み重なっていったら・・・ […]

最新情報をチェックしよう!