【簿記2級に関心ある人向け】日商簿記2級の本質・テーマを考察してみた

日商簿記3級の目的については商工会議所のホームページに書いてあります。

業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格。
基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベル。

 
つばさ

2級も同様に、目的が書かれています。

経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。
高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。

3級の本質は基本(母の記事より引用)でした。

では、2級の本質とは何なのか?僕の考えですが、2級のテーマは振替だと思っています。

 
ヒカル
3級と比べ振替処理が多発。2級はこの振替処理ができないと積みます。
スポンサーリンク

商業・工業で振替処理が出てくる場所

3・2級の学習範囲で振替処理が出てくる場所について列挙します。大まかですが、3級は2回、2級は24回出てきます。

商業簿記

  • (3級論点)費用収益の見越し繰り延べ・・・決算時に費用・収益を本年度だけに対応させ、本年度ではないものを振替する
  • (3級論点)売上原価の算出・・・期首在庫を仕入れから差し引き、期末在庫を仕入れに振替する、いわゆるしーくりくりしー
  • 火災による滅失・・・未決算勘定の計上➡確定時に未決算勘定のうち保険金で相殺できないものを火災損失か保険差益に振替する
  • 建設仮勘定・・・計上時に建設仮勘定に計上➡完成時に建物勘定や構築物勘定に振替する
  • ソフトウェア仮勘定・・・計上時にソフトウェア仮勘定に計上➡完成時にソフトウェア勘定や保守費勘定に振替する
  • 長期前払及び前受・・・2年以上の前払及び前受➡決算時に支払った(受け取った)ものを本年度・来年度・それ以降に振替する
  • 手形の更改・・・受け取り(支払)手形の期限を更新するときは前の手形を新しい手形に振替する
  • 割賦購入・・・支払時に未払金と未払利息を現金預金系の勘定と支払利息勘定に振替する
  • 費用系勘定の未渡小切手・・・決算時に逆仕訳で取り消して費用系勘定を未払金勘定に振替する
  • ファイナンスリース・・・支払時にはリース債務勘定を現金預金系の勘定に振替する
  • 関連会社株式の過半数を取得・・・関連会社株式勘定から子会社株式勘定に振替する
  • 資本金増設・・・会社法に規定する最低限度額を資本金勘定から資本準備金勘定に振替する
  • 利益剰余金の配当・・・繰越利益剰余金勘定から利益準備金勘定や未払配当金勘定に振替する
  •  
  • 配当金支払・・・支払時に未払配当金勘定から支払配当金勘定に振替する
  • 受取配当金の源泉徴収・・・受け取り時に、現金預金系勘定と仮払法人税勘定(税金)を合算して受取配当金勘定に振替する
  • 本支店会計・・・本店集中処理制度の支店間の取引は本店勘定を用いた振替が多発

連結決算

  • 開始仕訳・・・資本金系勘定と子会社株式を振替、非支配株主持分(期首)で相殺できないものをのれん・負ののれん勘定で処理
  • 配当金の取り消し・・・子会社の配当金を、受取配当金勘定(借方)と非支配株主持分当期変動額勘定(借方)に振替
  • のれん償却・・・のれん勘定をのれん償却勘定に振替
  • 子会社の純利益・・・子会社の持ち分を子会社に帰属する当期純利益に振替する(相手は非支配株主持分当期変動額)
  • 成果連結・・・親子間の取引すべて振替処理(相殺)
  • 未実現利益・・・利益相当額をしーくり(売上原価勘定と商品勘定)に振替する
  • ↑の実現(前期から取引あり)・・・連結開始仕訳の利益剰余金期首(過年度なので売上原価は利益剰余金期首残高)と商品を、商品と売上原価勘定処理➡商品勘定から売上原価勘定に振替されて借方利益剰余金(期首)、貸方売上原価になる
 
ヒカル
未実現利益ですが、財務諸表作成時にしーくりくりしーしているので、くりしーをしーくりに振替ます

工業簿記

  • 原価計算全般・・・賃金給料系と材料と経費系(直接作業)➡仕掛品、間接作業➡製造間接費、仕掛品➡商品、商品➡売上原価など振替が多発
  • 製造間接費・・・仕掛品➡①製造間接費予定配布(貸方)に振替、現場に要する各費用(間接)➡②製造間接費(借方)に振替、①②の差を差異とする
  • 製造間接費の一次・二次配布➡一次配布したリソースを合計して二次配布に振替する
 
ヒカル
とくに二番目の製造間接費への振り替えは、一度決算系の問題を解いてみると重要さが理解できます。

2級が難しい理由

単純に範囲が倍以上に増えているのもありますが、最大の理由は振替処理が多発するからだと思います。3級での振替処理は極端に書けば年度末の費用の見越し繰り延べと売上原価の算出くらい。(総勘定元帳の前期/次期繰越や損益も振替ですがあまり問われません)。

振替処理が多発する、ということは3級の論点に加えて2級に出てくる勘定の意味を理解している上で、イメージしながら逆にすることを求められます。

 
ヒカル
つまり、より深い理解をしておかないと振替処理が追い付かなくなります。暗記だけでは詰まります・・・。
 
つばさ
受験予備校の先生方が「一瞬で仕訳が思いつかなかったら飛ばせ」とまで言われる理由

手っ取り早く2級に合格するには?

母の記事でも紹介されてる通り、スクールがいちばんだと思います。

関連記事

商業系の学校を出て、クレジットカード会社に勤務していたわたしがおすすめする資格は、商業簿記3級です。3級・2級習得のメリットを書いていきます。 簿記を習得するメリット一覧簿記3級取得のメリット① 個人事業主なら税理士なしでも確定[…]

受験予備校には、多くの受験者を合格に導いた教え方、理解のさせ方、問題集といったノウハウが蓄積されています。

コロナ禍のいまでも、通学ではなくネット学習・ネット講座の受講ができるスクールが多数あるので、検討されてみてはいかがでしょうか?

 
ヒカル
僕が最後まで検討したスクールを紹介しておきます。クレアールは資料が無料で請求出来るので、比較に困ったら請求してみましょう。最終的にはスタディング+TACのスッキリうかる日商簿記2級本試験予想問題集にしましたが、資料請求後にしつこい勧誘などはありませんでした。
【資格☆合格】クレアール資格取得
4



過去の本試験出題問題を科学的に解析し厳選した「合格必要得点範囲」を重点的に
インプットする「非常識合格法」がウリ。
スマホはもちろんパソコンやタブレットでも学習できるマルチデバイス対応。
万が一合格できなかった場合でも、「検定目標月プラス1年間保証制度」がサポート。
もし興味があったら資料請求(もちろん無料!)も可能です。

価格

(簿記2級パック)税込み53000円 (簿記3級パック)税込み14,800円

利点

①ネットだけでなくサポート面も充実 ②答練・公開模試などアウトプットが充実 ③資料請求ができる

欠点

①サポートとアウトプットが充実しているので、価格が高め

価格 3.0
サポート(質問など) 5.0
インプット 4.0
アウトプット 4.5
総合 4.0
低コストで難関資格・国家資格合格を目指すオンライン講座【スタディング】
4.0



資格の受験者の悩みは時間がない、分からない、お金が無いこと。
「スタディング」は、これらの悩みを解決してくれるオンライン講座です。
パソコンに限らず、いつでもどこでも学べる上、一回の教材も15分前後。
テレビ番組のようなビデオ講座はわかりやすいと評判。
問題練習も充実しており、反復演習機能も充実してるので合格への最短ルートを辿れます。
価格は非常に安く、少なめなアウトプットを過去問で補ってもなお安いレベルです。
体験講座もできますので、ぜひ公式サイトをご覧ください。

価格

(2級単体)税込み19778円 (3級単体) 税込み3828円

利点

①ネット学習に特化 ②わかりやすいビデオ口座 ③低価格

欠点

①サポート面が弱い ②アウトプットが少なめ(2級は過去問演習が必須) 

価格 5.0
サポート(質問など) 2.5
インプット 5.0
アウトプット 3.5
総合 4.0
ネットスクールと独学の良いところ取り【TAC出版】
4.0





独学道場で有名。通信講座も選ぶことができます。
特に、「スッキリうかる」(わかる)シリーズの本は他のスクールで勉強されている学生さんにもおすすめの問題集です。
3級だけなら独学道場のスッキリシリーズだけでどうにかなってしまうほど完成度が高いのが特徴。
独学道場は比較的安めですが、Web通信講座や通学となると、71000円以上と高額になってしまいます。

価格

独学道場(2級単体)税込み26800円~ (3級単体) 税込み7700円~

利点

独学道場なら安め、スッキリシリーズだけでどうにかなってしまうほど完成度が高いテキスト

欠点

Web通信講座や通学となると高い

価格 3.5
サポート(質問など) 5.0
インプット 4.0
アウトプット 4.0
総合 4.0

最新情報をチェックしよう!