【商業簿記2級・ネット試験】ネットスクールの模擬試験問題を解説

 
息子
シリーズ第4段です。今回はネットスクールのネット試験について解説していきます。

ネットスクールのネット試験サンプルはこちら(「2級 予想問題」のリンクからダウンロード)

こちらも解説がないので、つばさの息子のHikaruが解説します。

(簡略化のため、万単位が使えるところは万で回答しています。)

スポンサーリンク

解く順番

こちらも今まで通り、1➡4➡5➡3➡2で解きます。

連結決算が大門2にあるので、多くのスクールのセオリー通り見直し後に部分点狙いの戦法で解いた方がよいと思われます。

大門1 難易度:易 基本的な仕訳

月割や利息計算などの複雑な計算が無いので、易しいと思われます。

1.不渡手形

不渡手形の発生仕訳です。今回はありませんでしたが、もし付随費用が発生したら不渡手形の金額に加えます。

「倉庫を売却している」ので営業外受取手形になることに注意。

不渡手形 39万営業外受取手形 39万

2.電子記録債権のリファクタリング

電子記録債権の早期現金化に関する仕訳。

当座預金 295500

電子記録債権売却損 4500

電子記録債権 30万

3.有形固定資産の消失

「期首に」建物が消失したので減価償却累計額を差し引くだけで未決算勘定になります。

325万-2437500=812500になります。

未収入金 75万

火災損失 62500

未決算 812500

4.サービス提供業務の仕訳

サービス業の対価は「役務収益」、費用は一旦「仕掛品」に計上しておいて、サービス終了時にかかった費用を「役務費用」に振り替えます。

普通預金 896000

役務原価 465900(給料と出張旅費の合計)

役務収益 896000

仕掛品 465900

5.ソフトウェア仮勘定

問題文より「ソフトウェア仮勘定に計上」「すべて代金は支払済」とあります。また、3年分の保守費が180万入っていたので控除しないといけません。

長期前払費用 180万

ソフトウェア 450万

ソフトウェア仮勘定 630万

4.難易度:易しい・普通 工業簿記仕訳・総合原価計算 

1はベーシックな仕訳問題、2.は平均法・先入れ先出し法両方の計算が求められます。

1.基本的な仕訳

月初の素材がゼロなので、購入価格/利用量で単価が出せます。付随費用も購入価格に入ることに注意。

(2500kgx単価@600+運賃10万)/2500=@640。問題文より、

  • 仕掛品➡2000kg@640=128万
  • 製造間接費➡100kg@640=64000

次に賃金を出します。

直接工について、予定賃率が1000であることより

  • 仕掛品➡2000H@1000=200万
  • 製造間接費➡(間接150+手待ち50)=200H@1000=20万

間接工について、当月未払25万+当月支払110万-先月未払30万=105万

  • 製造間接費➡105万

賃金の製造間接費を合計すると、125万になります。

最後の製造間接費の予定配布は年間の26125000を作業時間27500Hで割ると、予定単価が@950になるので、直接作業時間の2000Hを掛けた、190万が予定配布額になります。

問1

仕掛品 128万

製造間接費 64000

材料 1344000

問2

仕掛品 200万

製造間接費 125万

賃金・給料 325万

問3

仕掛品 190万

製造間接費 190万

2.総合原価計算

正常仕損が発生していて、問題文より完成品のみに負担させることに注意。

また、先入れ先出し法と平均法の2つを計算しないといけないことにも注意。

①平均法

材料費(平均法・完成品のみ負担)

月初

300個

475000円

当月完成

2000個

475000+330万-604000=3171000円

仕損じ

100個 処分価値ゼロ

当月投入

2200個

330万円

月末

400個 @1510

=604000円

平均法を使用

合計 2500個、377.5万

@1510

 

加工費(平均法・完成品のみ負担)

月初(40%)

120個

161500円

当月完成

2000個

1615000+2725000-251000=2635500

仕損じ

100 処分価値ゼロ

当月投入(2000+100+200-120より個数)

2180個

2725000

月末(50%)

200個 @1225

=251000円

平均法を使用

合計 2886500/2300個=@1225

以上を合計して、

  • 月末仕掛品=604000+251000=855000円
  • 完成品総合原価=3171000+2635500=5806500円

②先入れ先出し法

O材料費(先入れ先出し法・完成品のみ負担)

月初

300個

475000円

当月完成

2000個

475000+330万-60万=3175000円

仕損じ

100 処分価値ゼロ

当月投入

2200個

330万円

月末

400 @1500

=60万円

先入れ先出し法を使用

330万/2200=@1500

 

加工費(先入れ先出し法・完成品のみ負担)

月初(40%)

120個

161500円

当月完成

2000個

1615000+2725000-25万=2636500

仕損じ

100 処分価値ゼロ

当月投入(2000+100+200-120より個数)

2180個

2725000

月末(50%)

200個 @1250

=25万円

先入れ先出し法を使用

330万/2180=@1250

以上を合計して、

  • 月末仕掛品=60万+25万=85万円
  • 完成品総合原価=3175000+2636500=5811500円

大門5 難易度:普通 変動費能率差異を使った標準原価計算

能率差異は変動費のみで計算する」という指示に注意。シュレッター図をかけるだけでは解けません。

まずは、Box図より材料・加工の個数を出します。

材料

月初

0個

当月完成

480個

当月投入

500個

月末

20個

加工

月初

0個

当月完成

480個

当月投入

490個

月末(50%)

10個

次に標準原価カードより、当月の標準消費量・標準作業時間を出します。

  • 標準消費量➡500個x5kg=2500kg
  • 標準作業時間➡490個x2H=980H

さらに、実際発生金額のデータより実際の消費単価・実際賃率を出します。

  • 実際消費単価➡196万/2450=800円/個
  • 実際賃率➡544500/990=550円/時間

以上より原価差異のBox図を書きます。

材料に関する原価差異

800(上記計算より)(検算、1875000+122500-37500=2450×800=196万になればOK)

(+50)➡価格:不利差異 50×2450=122500

750(原価カードより)

750×2500=1875000

(-50)➡数量:有利差異 -50×750=-37500

 

2500kg2450kg

賃金に関する原価差異

550(上記計算より)(検算、588000+6000-49500=990×550=544500になればOK)

(-50)➡賃率:有利差異 -50×990=-49500

600(原価カードより)

600×980=588000

(+10)➡作業時間:不利差異 10×600=6000

 

980H990H

以上より直接材料と労務費の総差異が出ます。問題なのが、シュレッター図を書くだけでは解けない製造間接費の差異。

問題文に「能率差異は変動費のみで計算する」、と指示してあります。

 
息子
シュレッター図による差異分析は四分法(変動費能率差異と固定費能率差異を分ける)と三分法、さらに能率差異を①変動費だけで出して固定費は操業度差異に含める変動費能率差異(本題)②変動費と固定費の両方を能率差異とする(ポピュラー)方法に分かれています。どちらも総差異はかわりません。

まずはシュレッター図を書くための数字を出します。

月間製造間接費予算90万、うち変動40万・固定費50万より、

変動比率➡400 固定比率➡500

今までの差異分析と基準操業度より

標準作業時間➡980H 実際作業時間➡990H 基準作業時間時間➡1000H

さいごに、製造間接費の実際発生金額は925000円。これでシュレッター図が書けます。

 

まずは、間違っている回答から記します。

「能率差異は変動費のみで計算する」、の指示を見落とした場合

× 操業度差異➡(1000-990)x500=5000、不利差異
× 能率差異➡(990-980)x(400+500)=9000、不利差異
予算差異➡許容額が50万+400x990H=896000、925000との差の29000が不利差異
 
次に、正しい回答を示します。
  • 操業度差異➡(1000-990)x500=5000と固定費500×10=5000、合計10000の不利差異
  • 変動費能率差異➡(990-980)x(400+500)=4000、不利差異
  • 予算差異➡許容額が50万+400x990H=896000、925000との差の29000が不利差異

どちらも総差異は等しくなります。

 
息子
初見でミスしました。

大門3 P/Lの作成

ベーシックな問題ですが、一部B/S項目(現金預金・商品・繰り延べ税金資産)の算出が求められていることに注意。

1.銀行勘定調整

支払リース料 19000現金預金 19000
現金預金 10000(-19000+10000なので9000減少)電子記録債権 10000(9万➡8万に減少)

これ以外に現金預金が変動する決算整理はないので、現金預金に入る金額は817500-9000=808500になります。

支払リース料も残高試算表は0円で変動する決算整理もないので、19000。

 

2.外貨買掛金の評価替え

100ドルの商品を@105円/ドルで仕入れ➡@101円/ドルで為替予約しているので、400円買掛金が下がります。

買掛金 400為替差損益 400

これ以降為替差損益が発生する取引がないので、為替差損益(為替差益)は400になります。

 

3.売掛債権への貸倒引当金

売掛金➡27万 電子記録債権➡90000-10000(整理事項1)=80000、合計35万の2%=7000

今の引当金は1500なので、差額の5500が貸倒引当金繰入額になります。

貸倒引当金繰入 5500貸倒引当金 5500

 

4.売上原価の算出

精算表より期首商品が93000、問題文より期末商品が85000、棚卸減耗損が12000であることが分かるので売上原価の算出ができます。解答欄の売上原価Ⅱまで埋まります。

仕入れ 93000

繰越商品 85000

棚卸減耗損 12000

繰越商品 93000

仕入れ85000

繰越商品 12000(商品➡73000)

以上より商品勘定は73000円、売上原価は218万(216万+93000-85000+12000)となります。

 

5.減価償却

建物は30年の残存価格0円償却なので、300万/30年=10万。

備品が、180万のうち、期中取得して圧縮記帳した備品が入っているので、その分を別途償却する必要があります。

取得時・圧縮記帳したときの仕訳は、

備品 50万

固定資産圧縮損 20万

現金預金 50万

備品 20万

となります。(仕訳済み)

 

よって、6/1に取得した備品の評価額は30万円です。

  • 30万円に対する原価償却費➡30万x0.25×10/12か月=62500
  • 150万に対する原価償却費➡(150万-375000)x0.25=281250

合計すると443750円になります。

 

6.退職給付引当金の繰り入れ

指示の通り、残高試算表の34万を44万に増やす仕訳を行います。

退職給付費用 10万退職給付引当金 10万

 

7.営業外債務の貸倒引当金・利息の月割計上

12/1に20万円を年利4.5%で貸し付け利息を月割計上、3%の貸倒引当金を繰り入れる処理。

  • 貸倒引当金➡20万x3%=6000(今年貸し付けたので過年度の貸倒引当金は0)
  • 利息➡20万x4.5%x4/12か月=3000

貸倒引当金繰り入れ(営業外費用) 6000

未収利息 3000

貸倒引当金 6000

受取利息(営業外収益) 3000

両方とも残高試算表には載っていないので、上記の金額がそのままP/Lになります。

 

8.支払保険料の当期充当

変わった書き方がしてありますが、前払保険料のうち9000円を支払保険料に振り替えるだけなので、72000+9000=81000がP/L上の保険料勘定になります。

保険料 9000前払保険料 9000

 

9. 税効果会計

問題文より、法人税等が280350であることが分かります。

また、期首・期末の超過額の差(178000-207500)をとると、当期に新たに29500の繰り延べ税金資産が発生したことが分かります。

実効税率30%を掛けると8850円。

繰り延べ税金資産 8850法人税等調整額 8850

税効果会計後の法人税等が271500円になります。

 

法人税等が分かっている場合、逆算してP/Lを見直しすることができます。
この場合、271500/税率30%=税引き前当期純利益905000となるので、上から計算していった税引き前当期純利益と逆算して出た税引き前当期純利益が一致すればそれまでの回答は記入位置さえ間違えてなければ全問正解になります。
 
息子
記入位置を間違える、というのは本門では営業外債権の貸倒繰入金と営業債権に対する貸倒引当金が該当します。逆に値を入れてしまっていても税引き前当期純利益は同じになってしまいます。

大門2 難易度:やや難 連結決算

解説のために、1.~8.までの処理を番号で書いた連結精算表を図示します。

丸の赤字の①~⑦が下の修正事項の処理、□の青文字の1~8が合算する処理です。

修正事項を処理するだけで、なんと満点を取ることができます。

時間があまり残ってないと思うので、修正事項を処理する度に、採点基準の連結財務諸表に記入していくのをおすすめします。

まずは、タイムテーブルを作成します。単位は万です。

〇は連結開始仕訳の作成に用います。

1.連結開始仕訳

りじ(利益剰余金)は連結1年度以降は過年度の連結の仕訳が残っているのでタイムテーブルの値を使ってはいけません。

(右にスライドで続きを表示)

 X7 3/31 X8 3/31 X9 3/31
しほ225000 〇 225000 225000
しじ31500 〇 31500 31500
りじ13500

➡当期 54000

➡配当 △0

(資料3より)

× 67500

➡当期 121500

➡配当 △33750

(連結決算表より)

155250
合計270000 324000 411750
40% 非支配108000 〇 129600  
S社202500 〇 202500 202500
10年 のれん40500➡△4050〇 36450➡△405032400

タイムテーブルの〇印の数字を基に、連結開始仕訳を作成します。

資本金 225000

資本準備金 31500

必ず貸借一致より出す 利益剰余金(期首) 39150

のれん 36450

非支配株主持分(期首) 129600

S社株式 202500

 

2.当期純利益の割り当て

連結決算表より121500が当期純利益だと分かります。子会社の持ち分は40%なので、48600が持ち分。

非支配株主当期純利益 48600 非支配株主持当期変動 48600

 

3.配当金の取り消し(営業外収益で勘定)

親会社の分の受け取り配当金の取り消し、子会社の持ち分への変動の二つの処理を行う必要があります。

親会社の配当金額は33750×0.6(支配)=576000、子会社の変動額は33750×0.4=13500です。

受取配当金勘定がない場合は、営業外収益勘定で処理します。

受取配当金営業外収益 20250

当期変動額 13500

配当金 33750

 

4.のれん償却

タイムテーブル作成時の仕訳をそのまま載せます。

のれん償却 4050のれん 4050

 

5.土地売買の取り消し(ダウンストリーム)

資料9より、20250から22500で売却しているので、2250売却益が発生しています。これを取り消します。

土地売買益がない場合は特別利益勘定を使います。

土地売買益特別利益 2250土地 2250

もしアップストリームの場合は子会社持ち分が2250×40%=900あるので、子会社の利益を減らします。

特別収益 2250

当期変動額 900

土地2250

子会社に帰属する当期純利益 900

 

6.重複する取引の取り消し(成果連結)

資料5より売上原価⇔売上高、整理事項6より買掛金⇔売掛金で取引の重複が起きているので取り消し。

売上高 445500

買掛金 67500

売上原価 445500

売掛金 67500

 

7.貸倒引当金の修正

資料6・7から売掛金の67500に対して1%=675の貸倒引当金を繰り入れてることが分かるので、取り消しします。

売上債権の貸倒引当金繰り入れは一般管理費に入ります。

貸倒引当金 675貸倒引当金繰り入れ一般管理費 675

 

8.未実現利益の取り消し(ダウンストリーム)

資料8より、本年度から内部取引を開始して、27000の商品が残っていることが分かります。25%=6750が利益なので、それを取り消します。

売上原価 6750商品 6750

もしアップストリームの場合、取り消された6750に対して40%=2700の子会社負担があります。

売上原価 6750

当期変動額 2700

商品 6750

子会社に帰属する当期純利益 2700

 

9.合算

修正事項がすべて終わったら、合算します。

  1. 損益計算書の合算を「当期純利益」に書きます(□1、□2)
  2. 「当期純利益」と「非支配株主に帰属する当期純利益」を「親会社に帰属する当期純利益」に合算(□3、□4)。
  3. □3、□4を株主資本等変動計算書の「親会社に帰属する当期純利益」に転記。
  4. 株主資本等変動計算書の「利益剰余金当期末残高」に合算を行います(□5、□6)。
  5. 株主資本等変動計算書の「非支配株主持分当期末残高」の合算を行います(□7、□8)。
  6. □5、□6を貸借対照表の「利益剰余金」に転記。
  7. □7、□8を貸借対照表の「非支配株主持分」に転記。
  8. 貸借対照表の「負債・純資産合計」を出します。(赤字で計と書いてある行)

目標:80点

大門1 20/20点 大門2 10/20点 大門3 16/20点 大門4 24/28点 大門5 10/12点が目標だと思われます。

 
息子
ちなみに90点でした。

つばさの息子が学習したスクールはこちら

息子が学習していたスクールについては、こちらで紹介しています。

 

簿記2級

息子がネットスクール(スタディング)で簿記の勉強を始めたネットスクールの体験談を息子にインタビューして8か月、ついに第156回試験が開催されました。結果は・・・合格だったそうです! つばさ問題を見て[…]

 

ネットスクール比較も、あわせて紹介しておきます。

 

ネットスクール

息子がスタディングを使った学習で第156回日商簿記2級に受かりました。合格率は18%とかなりの難度だったようです。スタディングの利点・欠点をインタビューしましたので、こちらもぜひご覧ください。2020年の3月、簿記3級に合格した息[…]

最新情報をチェックしよう!