おすすめのレンタルサーバーとドメインの紹介 -マイブログ作成のススメ-

①お金に関する記事・知識

つばさの頑・頑日記を作成する前は、アメーバーでブログを書いていました。

今までの経験を基にして、ブログを始められるときに、無料ブログと有料ブログ、

あるいは自分でサーバーを借りて独自でブログを作るかで迷われるかたは多いと思います。

そんな方の参考になればうれしいです。

 

最後の方に、サーバーを選ぶうえで大事な情報を載せているので、最後まで見てくれたらうれしいです。

 

無料ブログのメリット・デメリット -日記帳なら良いかも-

箇条書きで行きます。

無料ブログのメリット

・ランニングコストが安い(0円)

・障害が起きたときに運営元が解決してくれる

・インストール、初期設定などの難しい作業が不要

次にデメリット。

・広告が勝手に貼られる。

・そもそもアフィリエイトが禁止である場合が多い

・営業元の都合で封鎖される場合がある

 

つばさ
つばさ

ヤフーのブログの閉鎖が有名ですね。

 

特に、デメリットの「営業元の都合で封鎖される場合がある」「アフィリエイトが禁止になる」はブログで広告収入を得ようと思っている人には致命的な不都合になりえます。せっかく作ったサイトが消えてしまうからです。(2020年5月に実現してしまいましたね。)

 

しかし、昔の私のブログのように、日記が目的で書くならいいと思います。

[追記] AmebaブログのA8.netなどの広告掲載が不可能に

2020年の5月11日から、ついにアメーバブログでの広告掲載が不可能になりました。

↑のデメリットが実現してしまいましたね。

 

やはり、広告収入を目的にする場合は無料ブログは重大なデメリットになってしまいますね。

有料ブログのメリット・デメリット -コストとリスクが合ってない-

有料ブログのメリットは、

 

・無料の時と比べれば広告の自由度が高い

・障害が起きたときに運営元が解決してくれる

・インストール、初期設定などの難しい作業が不要

 

デメリットは、

・毎月1000円前後のランニングコストがかかる

・営業元の都合で封鎖される場合がある

・広告は貼れるがカスタマイズの自由度が低い

 

こと。特に、毎月1000円前後のコストは、自分でサーバーをレンタルしてブログを維持する費用とさほど変わらなくなります。

 

つばさ
つばさ

いきなり投稿やブログを消されたり、閉鎖のリスクを抱えるのと、

毎月1000円程度の負担が釣り合っているかと言えば・・・。

自前でサーバーとドメインをレンタルする ーいちばんおすすめー

(サーバーとドメインを知らないかた向け)

 

息子によると、

息子
息子

サーバーは賃貸家屋みたいなもの。ドメインは住所。この二つがあればホームページは作れる。

そうです。この形式のメリットは、

・広告を自由に貼れる

・ブログのカスタマイズも自由自在

・封鎖の危険が低い

 

基本的にサーバーの運営元が倒れない限りはずっと続けられます。

 

デメリットは、

・月1000円前後のランニングコストがかかる

・ワードプレスなどのインストールに伴うネットワークの知識が必要になる

・ブログのカスタマイズに伴う障害は自分で対応しないといけない

ことです。私の場合はサーバー契約とインストールは息子にやってもらいました。

 

その時に息子が言っていたのは、

息子
息子

大手のサーバーを借りるべき。運用実績が多いということはそれだけ多くのユーザーが使っているので悩みも同じようなものが多い。

また、

 

息子
息子

最新の情報の調べ方を書いといたほうが、読者の人は喜ぶんじゃないかな?

みんな書いてるってことは古い情報も多いってことだし。

 

なので、息子が私に作ってくれた画像で、最新の情報の調べ方を説明します。

(折りたたんでいます)

 

参考 最新の情報の調べかた

 

例:ワードプレス ブログ で最新の情報を調べたい場合

手順1
手順2
手順3

以上の手順で最新の情報を調べられます。

 

これだけでは不親切なので、つばさおすすめのサーバーとドメインの設定方法を調べられるリンクを張っておきます。

さいごに、つばさおすすめのサーバーとドメインを紹介します。

開業する方向け、契約期間について ー1年以内がオススメー

将来、開業する可能性のある方なら、1年(12か月)までの期間をおすすめします。

 

理由は、1年を超える前払い費用は経費計上ができない(長期前払費用になってしまう)から。

 

つばさ
つばさ

それが出来てしまったら意図的に純利益を操作できてしまいますからね。

今期は稼げたから保険料や家賃を4,5年分前払して利益を圧縮するとか。

 

1年以内であれば決算整理のときに通信費を短期前払費用に振り替えることが出来ます。

 

つばさ
つばさ

簿記3級を勉強しておけば直ぐに仕訳は分かりますね。1年以内の場合の決算整理仕訳は、

借方→短期前払費用〇〇円 貸方→通信費〇〇円

です。

3級の範囲では短期長期の使い分けは出題されないので最初は戸惑うと思います。

↓参考・・・国税庁の公式ホームページ、短期前払費用について

個人事業主をするなら、間違いなく商業簿記3級は取得しておくことを強くオススメします。

 

いくらfreeeやマネーフォワードクラウドを用いても、細かい部分の仕訳は自分でしなければいけないからです。

↓商業簿記3級について。2級以降の方針も書いています↓

おすすめはエックスサーバー ー読み込み速度は超重要!ー

この記事を見てくれたかただけに大事な情報をお教えします。

 

じつは、ページの読み込みに3秒以上掛かると多くのユーザー様が帰ってしまうという調査結果があります。

 

つまり、速度が速くないと最初から読んでもくれない、ということです。

 

エックスサーバーの特徴として、SSDが使われていることが挙げられます。

速度がはやいので、ユーザー様を待たせることなくページを読み込ませることができます。

↓SSDについて↓

つまり、SSDが標準装備のエックスサーバーを使うのは必須とも言えるレベルです。

 

次に、ダントツの利用実績が挙げられます。

 

利用している人が多いということは、それだけ多くのユーザーが使っているということ。

契約の方法からワードプレス作成までを網羅している記事が多いので、マニュアルを見るような状態で設定ができる(息子談)そうです。

 

つばさ
つばさ

プランは最安のX10で十分。月1100円のコストで運用できます。初期費用は変わるので、公式ホームページを参照。

↓速度が速いSSDを搭載したエックスサーバーはこちらから↓

エックスサーバーの正統進化 「wpX Speed」

エックスサーバーが、WordPressの運用実績を活かして、WordPress専用にチューニングしたサービスです。

 

エックスサーバーよりも読み込み速度がさらに早くなり、WordPress専用と宣伝しているだけあって、他社からのサーバー移行にも対応しています。

 

・接続時に負荷がかかると、予算の範囲内で上位のプランに移行してくれる「オートスケール設定」

・エックスサーバーではプラグイン導入しないとできなかった自動バックアップ機能

・WordPressのセキュリティを簡単な設定のみで設定できる「WAF設定」

 

など、WordPress利用に特化したサービスになっています。

また、サービス利用料が、月額ではなく1時間当たりの価格で定められている(上限あり)のもポイントです。

 

ただし、エックスサーバーの最安のX10プランは税抜き1000円/月なのに対して、

wpX Speedの最安のW1プランは最大1200円(一時間あたり2円)と高くなっています。

WordPressに特化しているだけあって、性能にあった値段だと言えますね。

 

↓さらに速くなったエックスサーバーの正統進化、「wpX Speed」はこちら↓

おすすめドメインは お名前.com  -運用実績-

インターネットの住所とも言えるドメイン。おすすめはお名前ドットコムです。

 

ダントツの運用実績を誇るだけあって、エックスサーバーとお名前ドットコムとワードプレスの組み合わせでブログの作り方を説明されているブロガー様が非常に多いです。

つまり、初心者に物凄く優しい、オススメな組み合わせだと言えます。

 

↓エックスサーバーと組み合わせて使われているお名前.comはこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました