つばさが考える節約の虎の巻 ―家計簿を付けよう!―

①お金に関する記事・知識

元クレジット会社勤務で経理の資格も持っている私が提唱する、

家計改善の最大の手段はただ一つです。

家計簿を付ける。

それが、答えです。

スポンサーリンク

支出があいまいなのは穴の開いたバケツに水を入れるのと同じ

収入については、勤務先から明細書が送られてくるので、正確に把握できている方々が多いと思います。

ですが、支出はどうでしょうか?

家賃、ローン返済、光熱費、食費、交際費、すぐに答えられますか?抜けはないですか?

答えられても、収入ほど正確ではなく漠然だと思います。

家計がバケツだとすれば、収入は水、支出はバケツの穴です。

いくら水の量が多くても、バケツの穴の大きさを漠然としか把握してないなら、水は直ぐになくなってしまいます。

バケツの穴を正確に量るための唯一の手段が、家計簿を付けることです。

家計簿を付けろといってもめんどくさい 

私の世代では、今みたいにスマホもパソコンも無かったので、

紙媒体で家計簿を付けるしかありませんでした。

なぜ家計簿を付けるのが難しいか。

はっきり書きます。

つばさ
つばさ

家計簿付けるのって、めんどくさい。

これに付きます。

 

 

[click to edit]

 

 

 

[click to edit]

 

 

 

[click to edit]これに付きます。

買い物の度にレシートを取って、

何か支払いがあるたびに通帳を記帳して転記して、

・収入と支出と現金を比較して合っているか調べる

仕事で疲れてるのに、こんな経理みたいな事を家庭で出来るわけがないし、続かないのが普通です。

今だからできる解決法 -正直言って羨ましい-

スマホやパソコンが普及して、金融機関もインターネットで取引できるようになった今だからこそできる、経理を知らなくても簡単に家計簿を付ける解決法があります。

①クレカで一括で生活費を支払う

②家計管理アプリでクレカ支払と預金口座を一括管理する。

以上です。昔みたいな家計簿よりは、間違いなく楽に作れると思います。

家計簿を作るのにおすすめなサービス

おすすめのクレジットカードは、以下の記事で紹介しています。

おすすめの家計簿アプリはこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました