【電力会社乗り換え派向け】エネチェンジのお得な使い方を紹介!

電力自由化の記事で紹介した、電力乗り換え先の比較サイトである「エネチェンジ」。

郵便番号だけではなく住所や氏名なども書かないといけない比較サイトが多いのですが、この「エネチェンジ」では郵便番号だけで入力はOK。

このサイトのお得な使い方(というより、比較するときの注意点)が分かりましたので、記事にしてみました。

パソコンの場合、タップをクリックに置き換えてください。

使い方① 初期入力からこだわり条件設定前まで

まず、エネチェンジの公式サイトを開きます。

次に、「今のお住まいで切り替え」をタップ。

(パソコンから開くと違う画面が出るかもしれません)

次に、郵便番号や家族構成などを入力して、条件を変更するをタップ。

 

ちょっとしたトラップがあるので、すぐに見直しをタップしないようにしてください。

条件変更で、アンペア数などの細かい部分を修正していきます。

 

ここでは、熊本電力を利用していますが、九州電力として説明していきます。

下にスライド。電気代から計算もできますが、

できれば「くわしく使用量を入力」した方が良いです。

終わったら、「電気のこだわり条件を設定する」をタップ。

使い方② 重要!あるところの☑を外して比較する

「電気のこだわり条件を設定する」をタップして出てくる項目の中に、

「エネチェンジがサポート」とあるので、☑を外して下さい。

 
つばさ
これをしておかないと、エネチェンジから登録できない電力会社が弾かれてしまいます。平等な比較にするためにも外しておきます。
 

終わったら、「結果へ進む」をタップ。

使い方③ 節約効果の比較か電気代だけの比較か選択

結果の画面では、

  • ポイント・特典込みの比較結果
  • 電気代削減のみの比較結果

を選択できます。

まずは①節約額の大きい順の一位を見てみます。

一位は、自然電力の初年度23498節約。電気代だけでも、

60672→56586と大幅に節約できています。

エネチェンジとのコラボキャンペーンが魅力的ですね。

(2020年4月時点)

次に、②電気代のみの比較の一位を見てみます。

(2020年4月時点)

比較のために熊本電力を出していますが、今はおすすめしていません。経緯は記事にしましたので、ご覧ください。

電気代だけですが、60672→53503①以上の節約効果が。

(なので、表示させるために方法②で「エネチェンジがサポート」の☑を外す必要がありました。)

比較するだけなら無料なので、占い気分で調べてみましょう!

迷惑な勧誘電話もなし、郵便番号以外の個人情報の入力もいりません。

電力比較サイト エネチェンジ
5



国内最大級の電力比較サイト。
エネチェンジ限定の特典も用意しているので、直接電力会社に申し込むよりもお得な場合も。
お住まいの地域と電気の利用状況に合わせた料金シミュレーションができます。
(参考記事では実際発生額と比較しています)
「電気代の節約額順」だけではなくサポート体制の充実度、解約金の有無などを加味した「おすすめ順」でも電力会社を選べます。

利点

①様々な角度から比較できる ②限定特典がある ③シミュレーションも兼ね正確

欠点

①最新プランには一部対応していない 

最新情報をチェックしよう!
>このブログは、「THE THOR」を使って作成しています。

このブログは、「THE THOR」を使って作成しています。

cocoonから、有料テーマで好評だったThe THORに移行してみました。プロに頼むレベルのホームページがテンプレートから簡単に作成できます。SEO対策はもちろん、ランキングの作成やデザインの変更も非常に簡単に可能。有料テーマで迷われていたら、ぜひこのテーマを試されてください。

CTR IMG