マネーフォワードMEで保険の見直しをしてみた【意外と的確】

家計簿アプリで有名なマネーフォワードMEには、保険の見直し診断機能があります。

今回は、FP3級の資格を持っている僕自身で試してみました。

マネーフォワードMEの保険の見直しで診断できるのは、死亡保険と医療・がん保険です。

この記事では、①自己診断してみた見解②保険の見直し診断機能の結果の比較をしています。

最後に、自力で診断されてみたい方向けにFP3級を紹介。

 
ヒカル
どうせ余計な保険を付けてくるんだろうな、と思ったら的確、誠実な診断でした。
スポンサーリンク

自分の条件で自己診断してみた

今回の被保険者の情報は以下の通りです。

・独身男性、扶養家族、配偶者なし

・生活防衛資金は1年以上あり

このケースだったら、死亡保険は不要です。

扶養家族が居ないなら受取人も居ないからです。

(但し、葬儀代は考えておいたほうがいいと思います)

仮に癌だと判断されても1年以上の生活防衛資金と高額療養費制度でカバーできるので、医療・がん保険も不要と判断できます。

 
つばさ
わたしも、二度の闘病生活で「高額療養費制度」に助けられました。

早速やってみた(やり方も説明)

マネーフォワードMEを開いて、「保険の見直し診断」を選択。

次に青色の同意・ログインして診断を選択。

最後に、自分の情報(家族や子供の有無)を入力して診断するを選択します。

 
ヒカル
マネーフォワードMEを使ってれば生活費、貯蓄は自動入力してくれます。

結果は自己診断と同じでした!

マネーフォワードMEの診断は以下の通り。

自己診断と同じで死亡、医療保険とも不要でした。

根拠も殆ど同じでしたので、ほぼ妥当な診断結果だと言えます。

理由も分かりやすく説明してくれるので、一度はシミュレーションしてみると良いと思います。

皆さんも、無料でお試しできるマネーフォワードMEで保険を見直しされてみてはいかがでしょうか?

家計簿・資産管理アプリ【マネーフォワード ME】
4.5

家計簿を紙からデジタルに変える自動家計簿アプリ。
銀行口座や複数のクレジットカードを連携することで、自動で収支が見える化され、めんどくさい家計簿作成からおさらばできます。
電子マネーやポイントサイトはもちろん、楽天市場やyahooショップ、Amazonショッピングなどのネットショップとも連携可能。
楽天証券やSBI証券といった証券口座も連携できるので、資産運用されている方にもおすすめ。
詳細な項目を自動で分類し、カテゴリまで仕訳された家計簿が自動で作成できます。
AI系にありがちですが、最初の仕訳は間違えることがあります。修正していくうちに間違えなくなるので、
子育てしているみたいで楽しかったです。

価格

(無料会員)無料 (プレミアムプラン)[android]税込み月額500円 [ios]税込み月額480円

利点

一年プランに入るとお得、マネーフォワード電気に入ればプレミアムプランが事実上無料に(詳しくは関連記事)

欠点

無料会員だと制限がきつく、プレミアムプランへの加入はほぼ必須。

自己診断してみたい人向け FP3級の勉強がオススメ!

保険に限らずライフプランを自己診断してみたい!という意欲がある方は、FP3級の勉強をお勧めします。

各種年金や保険、社会制度、相続、確定申告といったお金の知識について広く学ぶことができます。

最後に、僕がFP3級を取ったオンライン講座のスタディングを紹介します。

低コストでFP3級・2級合格を目指すなら【スタディング】
5



資格の受験者の悩みは時間がない、分からない、お金が無いこと。
「スタディング」は、これらの悩みを解決してくれるオンライン講座です。
パソコンに限らず、いつでもどこでも学べる上、一回の教材も15分前後。
テレビ番組のようなビデオ講座はわかりやすいと評判。
問題練習も充実しており、反復演習機能も充実してるので合格への最短ルートを辿れます。
価格は非常に安く、少なめなアウトプットを過去問で補ってもなお安いレベルです。
体験講座もできますので、ぜひ公式サイトをご覧ください。
(価格は2022年4月時点)

価格

(2級単体)税込み29,700円 (3級単体) 税込み4950円

利点

①ネット学習に特化 ②わかりやすいビデオ口座 ③低価格

欠点

①サポート面が弱い ②アウトプットが少なめ

価格 5.0
サポート(質問など) 2.5
インプット 5.0
アウトプット 3.5
総合 4.0

関連記事

最新情報をチェックしよう!